スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

暫定税率 

政治学習会に参加してきた。
暫定税率や高齢者医療制度についての説明があった。

暫定税率は30年間も『暫定』措置であり続けたらしい。
そしてその税収を見越して予算を組んできた。

『だから今更、暫定税率分の税収を考慮しない予算は組めない。』

というのが政治家の本音であり、問題の根源であるようだ。

今、国会では↓の意見で割れている
○与党は、暫定ではなく恒久的な財源確保を目指し  (税収維持)
○民主は、ただ廃止し、代わりの財源を確保しない  (減税)


暫定税率の是非について論じると長くなるし、荒れると思うので
避けるけど、一言だけ書くと

財源確保のために
[1]ガソリンに暫定税率をかける現行法では、
   特定の業界・家庭を直撃する政策だと思う。
   それは、政策として不公平な気がしないでもない。

[2]消費税の 1%up なら、負担が平等になる分
   その業界・家庭を守れるんじゃないかな。

--------------------
[2008.04.29]追記
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080429/fnc0804291840001-n1.htm

「世界では温暖化対策として、ガソリンに対する税金を引き上げる傾向にある」(引用)
らしい。
なるほど。視野が狭かった自分が恥ずかしい。

  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト
[ 2008/04/24 01:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(1)

政治家の怠慢?

ガソリンの値段が上がったり下がったりする事は、庶民もガソリンスタンドも混乱するので困ります(;;)
[ 2008/05/10 19:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fortissimo916.blog40.fc2.com/tb.php/43-b91cf9cc








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。